洗髪に力を入れすぎると反ってニオイがしやすくなる

会社の規則で首から上を全部覆うような格好なので、お昼休み等でぬぐととっても汗臭いと全員で言い合っています。

そういった時にあたしがイヤだったニオイだったのが脂みたいなにおいがする方でした。

はずした瞬間から頭の皮脂のニオイみたいなのが強烈に臭ってきてムカムカしてしまいました。

地肌までしっかりと洗えていないのか頭が汗をかきすぎて悪臭になってしまったのでしょう。

会社にはシャワー室があって自由に使って良いことになっているので、体臭が気になるようだったら仕事が始まる前や終わった時にシャワー室を利用するという気配りを見せてほしいです。

こういう油の臭いがする人は洗髪方法が悪かったりシャンプーのしすぎで臭ってしまうというのがあると思います。

現に私もキレイにしようとし過ぎてプーンとなった時が過去に1回ありました。

その際に気に掛かってなんやかんやチェックしていて「洗髪に力を入れすぎると反ってニオイがしやすくなる」とネットで知ってからは、シャンプーの仕方を直せばこの油っぽい臭いがなくなると実感することが出来ました。

 

汗で湿った服を放置するとすぐにクサくなる夏

私の汗の困りごとはわきに汗をかきやすい事です。

春夏秋冬、すこし暑いと感じただけで直ちにワキの下が汗ばんでしまいます。

汗が出ると不快になる為、早く着替えたいと思いますが、いつでもできる訳ではないためそれも悩みになっています。

夏という時期は高温多湿なので、汗で湿った服を放置すると、すぐにクサくなってしまうのです。

汗のニオイではなく、汗が付いた衣服が異臭を放つのです。

都合がいい事に、私は客商売ではないため、ちゃんとした汗臭対策はしていないんです。

だけど日常生活の中で、誰かと会うような時に、汗臭が原因で不快感を与えないように注意しています。

暑い時期はみんなが汗をかくので、仕方がないと思います。

わたくしは人一倍臭いに敏感なほうなので、自分自身の汗だけでなく、周囲の人の汗も気になってしまいます。

仮ににおいがなかったとしても、汗をかいたまま買い物している人を見たら、気分が悪くなるのです。

あたしもそうなってしまわないように、ちゃんと汗対策をしていきたいです。

 

信じられないくらい色々な部分が臭う私の夫

私の夫は外国人ですが、毎日朝に風呂に入ってちゃんと制汗消臭剤もワキの下につけているのに入浴後1時間もすればもうなんだか旦那の匂いが段々と部屋中に臭ってきてしまうので辟易してしまいます。

主人の臭いで気になっているところはいちばんに頭、次にワキ、それから指や腕、それと最後に足の裏です。

信じられないくらい色々な部分が臭うので正直な所1日中入浴していてほしいと思っています。

元来皮脂量が多いほうなのか、朝のみシャワーをするだけで夜はお風呂に入ってくれないのでその日の汗や皮脂が必ず臭いを漂わせるのですが、とくに髪についてはもうベタついてきているし、そばに行くと汗のニオイが強烈でかなり厳しいものがあります。

夜にもシャワーをして欲しいのですが、夜は寝ている間に汗が出てしまうので夜にシャワーをしても無駄になると言ってシャワーをしてくれません。

海外の人が皆そうだとは思っていないので私の旦那だけなんだと思いますが、どういうことか腕まで汗でクサいので元来臭いが濃い体質の人なのでしょう。

年齢を重ねる度にどういう事か臭いも増している感じなのでどうにかならないかと悩んでいます。

 

一緒に食事をしている人にいつも汗の事を言われる

私は前から新陳代謝が高い為汗っかきなので、拉麺とかうどんの他に一般的なものを口にしても顔から汗が噴き出してしまいます。

一緒に食事をしている人にいつも汗の事を言われるため非常にイヤな思いをしてきましたが、30を過ぎても新陳代謝が下がった感じもないので悩みは継続中です。

私の汗かきは季節関係なくあるので、冬場でも通勤や外回りで5分程度歩いただけで顔から汗が噴き出すので、朝しっかりとお化粧してもちょっとでも歩けば汗をかいて落ちてしまうので厄介なのです。

汗や水に強いお化粧品でも効かないためしょっちゅう汗を拭ったり、なるべく動かなくても良いように移動するときは自動車にしたりと不健康なことをしてしまうのです。

最も私にとって気になる汗は緊張すると出てくる汗なのです。

緊張状態でかく汗はもっぱらわき汗ですので出来るだけ汗染みが見えてしまう灰色やパステルカラーの服は買いませんし、ストレスがかからないようにリラックスする方法を考えていますが、頭を悩ませているだけで汗が出てくるのです。

汗が出るとパッと見で分かってしまう為汚らしく思われないだろうかと、人の目を気にしてしまうのです。

「この先も汗かき体質と付き合っていかないといけないんだろうな」なんて思ったら気が重くなってきますが、私としては上手に付き合っていける方法を調べて実践しようと思っています。