夏になるととても気になる体臭です

春夏秋冬、一年の内体臭が一番気になるのはやはり夏ですね。他の季節は汗をかいても重ね着をしていることが多いのでさほど気になりません。

その点、夏は薄着になってしまうので、ストレートに汗と体臭を感じてしまいますね。体臭の中でも私は特に脇の汗と臭いをすごく気にしています。汗かきのせいもありますが、服に汗がにじんでしまうことがよくあり、冷や汗ものです。

その対策として、ドラッグストアーはたくさんの制汗剤が売られています。塗ると汗の素を断つとか、腋臭の臭いが抑えられるとかの歌い文句でよく売れているようです。私も臭いを抑えてくれる制汗剤を購入して使用してみました。なるほど、あの嫌な臭いは抑えられています。

また、最近急に人気が出始めた香水入りの柔軟剤ですが、汗をかいても汗をいい香りに変えてしまうとか言われています。私も興味があり、花の香りの柔軟剤を使ってみました。不思議なことにその甘い花の香りは、一日中私の周りで漂い続けたのです。

これらのおかげで、今年の夏は嫌な体臭を気にせず過ごせそうです。種類豊富な柔軟剤は色々な香りを試してみたいと思います。

 

夏になるとより臭います

体臭はいろいろな所から臭い、しかも夏になるとより臭います。

まずは汗の臭いでしょう。

肉体労働の仕事は作業着が汗でぬれて臭ってきます。

本当は毎日洗いたい所ですが、そうもいかない場合もあります。

とくに作業着をバックに入れっぱなしの状態だとすごく臭くなります。

ハンガーなどにかけて干しておくのがいいと思います。

後、スポーツなど運動した時も臭います。

フットサルなどで大汗をかいた時は結構臭います。

運動するときは着替えを1枚持っていくのがいいでしょう。

次にわきの臭いです。

電車で朝の通勤ラッシュの時に臭ってくる時があります。

太った方に多く見られるような気がします。

ワキガという病気の可能性もあるので、病院で診察してもらって治療した方がいいかもしれません。

次に足の臭いです。

これはブーツを履いている方によく見られます。

後、靴下を履かないで革靴を履いている方にも多い気がします。

足の臭いは結構強烈なので靴下を履いて革靴を履いた方がいいと思います。

やはり体臭は人に不快感を与えるので清潔にする事を心掛けましょう。

 

多汗症による汗の臭いとの戦い

夏といえば海に山にとレジャーの季節って感じですが、私にとって重要なのは、それ以上に汗との戦いです。
年の半分は汗をかいてるような多汗症な上、汗の臭いが強いみたいで、暑い夏は毎日朝晩お風呂に入っても、外で活動すると昼には自覚できるくらい汗臭くなって困ります。

治療しても一向に良くなりませんし、過剰に汗をかくストレスで更に多汗症が進行してるんじゃないかと言われたのですが、正直そんな卵が先か鶏が先かみたいなこと言われても、どうしようもないです。

肉を食べると臭いが強くなると聞いて夏の間野菜中心の食生活にしたり、香水の匂いでごまかしたりとかもしてみたんですが、上手く行きません。
特に香水は汗の臭いが強すぎてごまかしきれず、逆に香水の匂いが感じられなかったり、多くつけたら汗と混ざり合って自分でも吐き気をもよおす臭いになったりして散々な結果でした。

今年の夏こそは多汗症が治るとまで行かなくとも、人に不快感を与えない程度の汗対策を見つけたいですが、去年も同じこと言ってた気がするので、見つけられる気はしません。

 

すこし暑いと感じただけで即わきに汗をかく

私の汗の悩みはワキに汗をすぐにかく事です。

一年中、すこし暑いと感じただけで即わきに汗をかいてしまいます。

汗をかいてしまうと気持ち悪い為、早く着替えたいと思いますが、それはなかなかできないのでそれも悩みになっています。

夏場は特に気温が高いので、汗をかいて放っておいたら、スグに変な臭いがしてしまうのです。

汗がクサイという訳じゃなくて、汗で湿った服から変な臭いがするのです。

とりあえず、私は接客をするお仕事ではないため、神経質になるほど汗対策をしていません。

だけど毎日の暮らしの中で、どなたかと話をする時に、汗が臭うお陰で不快な思いをしないようにしています。

暑い季節は殆どの人が汗をにじませているので、しょうがない事だと思っています。

自分自身はほかの人より嗅覚が鋭いので、私自身の汗のニオイの他に、傍にいる人の汗も気になってしまいます。

もしもニオイは無くても、汗だくの状態で買い物をしている人を見かけると、ちょっと嫌な気持ちになります。

自分自身は不快を与えないように、ちゃんと汗対策をしようと思います。

わきがの体臭ケアに迷っているならチェック>>わきがクリーム